人工透析 の最新情報こ自己決定の人工透析患者死選択肢透析患者治療中止提案公立福生病院患者死

 東京の「公立福生病院」で昨年8月、腎臓病患者の女性(当時44歳)に対して、外科医が人工透析治療をやめる選択肢を示し、透析治療中止を選んだ女性が1週間後に死亡した。人工透析治療の中止は、死という悲劇的な結果をもたらす。血液透析は「人工腎臓」と呼ばれ、腎臓が全く機能しなくなり尿も出なくなった人のために…

引用:どこまで「自己決定」だったのか 人工透析患者「死」の選択肢透析患者に治療中止提案か 公立福生病院、患者は死亡

人工透析の世間の反応